☆2017Winter☆第4弾ディープブルーラブラドライト。新作が続々登場中!春まで待てない:ブルートゥモロー

やっぱりラブラドライトは
月のかけらにお任せ!!
2017年 WINTER 第三弾!!
度肝をぬく世界トップレベルの
クオリティを見ていってください。

 題名

ブルートゥモロー

商品説明

青々きれいなラブラドライト

スタンダードなティアドロップ。

表面のシラーはすごくきれいです。

透明度も青さも

申し分なし。

月のかけらの中でも

やはり青が人気。

全面フルシラーです。

美しいピースです。

青が好きな方にお勧めです。

もう少しで春ですね。

アクセサリーをそろえていきましょう。

Check it

シラー,ラブラドレッセンス → 石の表面の光

バイカラー → 一つの石の中に二色以上の色が入る石

インクルージョン → 石にはいりこんだほかの鉱物

パワーストーン意味・効果

ラブラドライトのパワーストーン意味

1770年、カナダのラブラドル沿岸のセント・ポール島で

虹色の閃光を放つ「長石」が発見されました。

それが、ラブラドライトの始まりです。

最初に発見された産地

“ラブラドル”に因んで名付けられました。

同時に、ラブラドライトの

特徴である虹色(光学効果)は、

「ラブラドルの光り=ラブラドレッセンスLabrado-rescence」

と名付けられました。

オーロラの光を封じ込めたような

美しさを持つ石…

見る角度によって色彩を変える

美しい光(ラブラドレッセンス)を

持つのが特徴のラブラドライト。

石自体はグレーなどの地味めな色合いをしていますが、

そこに鮮やかな輝きが浮かび上がるところから

「アゲハ蝶の羽」に例えられる事もある美しい石です。

まるで玉虫のように神秘的に

輝くラブラドライトですが、

その虹色 の遊色効果を生み出す

原因は結晶の特定の面に

平行に金属鉱物の微薄層が並んでいる事で、

その層の境界で、光の分解が生じて

虹色の光の模様となります。

この光学効果のことを

ラブラドレッセンス(ラブラドールの光)と呼びます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
店長の独断と偏見の好みの度数:
彡5 =手離したくない。珍しい。自分がほしい。
彡4 =相当クオリティ高い。自信をもっておすすめ。

彡3 =その辺の石屋には負けないね。おすすめ。

彡2 =まぁ種類によってはいい方かなぁ。

彡1 =どこにでも売ってる感じかな。

出店情報、最新情報は
Insta , FaceBookをぜひチェックしてみてください。
I

by ryuji510 | 2017-02-19 14:46 | 天然石