皆様こんにちは

やっと春の息吹がしてきました。

2月の節分とは昔の暦で

節を分ける 要は春の到来がスタート

するという意味で節分があったようです。

昔の人は季節の移り変わりこそ

一番美しいとされていたような話を

聞いたことがあります。

自然とだけ向き合って生きていた時代。

季節の移り変わりを俳句に歌ったものです。

日本人であればみな知ってるはずです。

季語を入れて575を歌う。

いまどんな季語が存在するのだろう。


初春
立春
寒明
春めく
如月
晩春
弥生
暖か
花冷え
木の芽時

ふと思ってもこんなところでしょうか。

やっぱり今の季節に会いますね。

どことなく、春の到来の移り変わりが

目の前にあるような気がします。

移り変わりの瞬間は

その一瞬でしかありません。

ぜひ季節を感じて自分なりの

季語を思い浮かべるのも面白いかもしれません。

本日6点新しい作品をアップしました。

特に見ていただきたいのが

3つの表情を持つレインボーラブラドライト

というものをサイトにアップしました。

このラブラドは大変珍し

角度によって三つ顔を持つラブラドライトです。

過去見てきた中でも、

3つの表情を見せるラブラドライトは

本当に珍しいものだと思います。

一部分からは虹色の銀河の結晶
一部分からは紫と黄色のバイカラー
一部分からは水色と黄色のグラデーション

が一つの石に混在しております。

博物館に並べてもいいレベルでしょう。

またエチオピアオパールや

ブルーラブラドライトもUpしました。

ぜひお時間なるときにご覧ください。

さぁ

それでは春を感じて、

心の芽生えの準備をしていきましょう。

# by ryuji510 | 2017-02-23 17:23 | 天然石

2017年WINTER 第四弾 新作発表!!
ラブラドライトの最高峰
スペクトロラブラドライト見参。

 題名

ブルーオブサーフィン

商品説明

ディープブルーラブラドライトを

基本に

美しい結晶が左上に

あります。

地図のような

海の波のような

WAVEを感じるラブラドライトです。

は少し大き目です。

青々光る部分は

やはり海を連想します。

早く海に行きたい。

海の美しさを常に教えてくれます。

スペクトロ特有の

表面のシラーがゴージャスに

写っています。

このサイズ。存在感。

見たことありますでしょうか?

スペクトロライトは基本は

フィンランド産のラブラドライトをさします。

近年では、最高峰に美しい

マダガスカル産のラブラドライトも

スペクトロライトに分類されて

出回っています。

ラブラドライト特有の透明度と

光の結晶を持っています。

本当に美しい。

月のかけらでは

スペクトロラブラドライトと分類しております。

Check it

シラー,ラブラドレッセンス → 石の表面の光

バイカラー → 一つの石の中に二色以上の色が入る石

インクルージョン → 石にはいりこんだほかの鉱物

パワーストーン意味・効果

ラブラドライトのパワーストーン意味

1770年、カナダのラブラドル沿岸のセント・ポール島で

虹色の閃光を放つ「長石」が発見されました。 それが、ラブラドライトの始まりです。

最初に発見された産地“ラブラドル”に因んで名付けられました。

同時に、ラブラドライトの特徴である虹色(光学効果)は、

「ラブラドルの光り=ラブラドレッセンスLabrado-rescence」と名付けられました。

オーロラの光を封じ込めたような美しさを持つ石…

見る角度によって色彩を変える

美しい光(ラブラドレッセンス)を持つのが特徴のラブラドライト。

石自体はグレーなどの地味めな色合いをしていますが、

そこに鮮やかな輝きが浮かび上がるところから

「アゲハ蝶の羽」に例えられる事もある美しい石です。

まるで玉虫のように神秘的に輝くラブラドライトですが、

その虹色 の遊色効果を生み出す原因は結晶の特定の面に

平行に金属鉱物の微薄層が並んでいる事で、

その層の境界で、光の分解が生じて虹色の光の模様となります。

この光学効果のことをラブラドレッセンス(ラブラドールの光)と呼びます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
店長の独断と偏見の好みの度数:
彡5 =手離したくない。珍しい。自分がほしい。
彡4 =相当クオリティ高い。自信をもっておすすめ。

彡3 =その辺の石屋には負けないね。おすすめ。

彡2 =まぁ種類によってはいい方かなぁ。

彡1 =どこにでも売ってる感じかな。

出店情報、最新情報は
Insta , FaceBookをぜひチェックしてみてください。
I


# by ryuji510 | 2017-02-21 10:21 | 天然石

2017年WINTER 第四弾 新作発表!!
ラブラドライトの最高峰
スペクトロラブラドライト見参。

 題名

シルバーアドベンチャー

商品説明

すでに感動ものですね。

この素晴らしいレインボーなスペクトロラブラドライト。

大きいサイズがついに手に入れました

左は緑

正面に虹の一本線、

その他はシルバーブルー。

地球上に存在する

すべての色のハーモニーのようです

なぜこんな美しい模様を

地球は作れるのでしょうか。

虹とはいったいなんのエネルギーを

持っているのでしょうか。

このサイズ。存在感。

見たことありますでしょうか?

スペクトロライトは基本は

フィンランド産のラブラドライトをさします。

近年では、最高峰に美しい

マダガスカル産のラブラドライトも

スペクトロライトに分類されて

出回っています。

ラブラドライト特有の透明度と

光の結晶を持っています。

本当に美しい。

月のかけらでは

スペクトロラブラドライトと分類しております。

Check it

シラー,ラブラドレッセンス → 石の表面の光

バイカラー → 一つの石の中に二色以上の色が入る石

インクルージョン → 石にはいりこんだほかの鉱物

パワーストーン意味・効果

ラブラドライトのパワーストーン意味

1770年、カナダのラブラドル沿岸のセント・ポール島で

虹色の閃光を放つ「長石」が発見されました。 それが、ラブラドライトの始まりです。

最初に発見された産地“ラブラドル”に因んで名付けられました。

同時に、ラブラドライトの特徴である虹色(光学効果)は、

「ラブラドルの光り=ラブラドレッセンスLabrado-rescence」と名付けられました。

オーロラの光を封じ込めたような美しさを持つ石…

見る角度によって色彩を変える

美しい光(ラブラドレッセンス)を持つのが特徴のラブラドライト。

石自体はグレーなどの地味めな色合いをしていますが、

そこに鮮やかな輝きが浮かび上がるところから

「アゲハ蝶の羽」に例えられる事もある美しい石です。

まるで玉虫のように神秘的に輝くラブラドライトですが、

その虹色 の遊色効果を生み出す原因は結晶の特定の面に

平行に金属鉱物の微薄層が並んでいる事で、

その層の境界で、光の分解が生じて虹色の光の模様となります。

この光学効果のことをラブラドレッセンス(ラブラドールの光)と呼びます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
店長の独断と偏見の好みの度数:
彡5 =手離したくない。珍しい。自分がほしい。
彡4 =相当クオリティ高い。自信をもっておすすめ。

彡3 =その辺の石屋には負けないね。おすすめ。

彡2 =まぁ種類によってはいい方かなぁ。

彡1 =どこにでも売ってる感じかな。

出店情報、最新情報は
Insta , FaceBookをぜひチェックしてみてください。
I


# by ryuji510 | 2017-02-20 20:20 | 天然石